創作意欲とか物欲とか、そういう類のもの

デュアルディスプレイは縦並びがおすすめという話―やっつけVESAマウントスタンドをつくろう―

ところで、パソコンをマルチディスプレイにする時って、2画面の場合大抵横並びに置きますよね、こんなふうに。

しかし、このレイアウトって、首の動きが左右どちらかに偏りがちで、デスクワークで長時間過ごすと、首・肩こりの原因のひとつになっている気がしませんか?

今回は、画面を縦並びにすることで首・肩の負担軽減を目指し、あわよくば仕事の効率もブチ上がったらいいな!という話です。

予算は無いけどね

モニターアームって剛性が必要なので、縦並びができるものは、安くても5,000円くらいからなんですよね。

会社でしか使わないので、もっと安く済ませたい、できれば1,000円くらいで...。

というわけで今回のお題は「1000円くらいで、ディスプレイを縦並びに設置するための、いい感じの台を作る」です!

安い材料といえば?

ついこの間SPF材が安いって話をしたばかりなので、今回もSPFのワンバイフォーを使っていこうと思います。

at-you-key.hatenablog.com

VESAマウントとは

ここでちょっと用語解説を

モニターアーム用のマウントには、VESAという規格がありまして、大抵のディスプレイはこのマウント用にM4のネジ穴が空いています。

対応するモニターの重さによっていくつかの種類があるので、手持ちのディスプレイがどのサイズなのか確認しておきましょう。

www.sanwa.co.jp

デザインはなるべくシンプルに

あんまり凝ったことをすると、作ってる途中で飽きてしまうリスクが高いし、ディテールを増やすと野暮ったくなりがちなので、パッと作れるシンプルなデザインが望ましいです。

そうしてできた図面がこちら。

板、ヒンジ、穴、以上。

細かい寸法は現物合わせでいきます。 段取り10割とか言ったような気がしますが、あれは忘れましょう。

板継ぎでワンバイエイトを作る

さて、形が決まりましたが、ワンバイフォー1枚だと幅が89mmしかないので、横方向の安定感が不安です。

かといって幅広の板は急に高価になるので、ワンバイフォー2枚をダボ継ぎして178mm幅の板を作りましょう。幅が2倍になるのでワンバイエイトになりますね。

makit.jp

ダボ継ぎだとビスでは不可能な接合できて、作れるものの幅が格段に広がるので、木工やるなら必ず習得しておいたほうがいいと思います。

ダボ継ぎ3種の神器

ここで、ダボ継ぎするにあたって揃えたい、個人的におすすめな工具3つを紹介しておきます。

充電式インパクトドライバ

木工やる上でのマストアイテム、電動工具最初の1台は、迷わずインパクト買っとけって感じです(個人的見解です)

けっこうラインナップが豊富で、14Vモデルとか18Vモデルとかペン型とかいろいろありますが、ホビーユースの場合、よほど大物を作る予定がなければ、じゅうぶんパワフルで身軽な10Vモデルがおすすめです。

というわけで、使い勝手的にもコスパ的にも見た目的にも超オススメなのが、Makitaの充電式インパクトドライバ「TD090DWSPW」

ケースがナイロン製でゴツくないのもナイスです。

ダボ錐マーカーセット

とりあえずこれを買っておけば大丈夫。

追加のダボもネットで買うのが安いです。

バークランプ

接着剤の硬化待ちの固定には、クイックバークランプが最高に便利です。長めのを2~3本買っておくといろいろ使えて重宝します。

高儀 TAKAGI クイックバークランプ 600mm QBC-600

高儀 TAKAGI クイックバークランプ 600mm QBC-600

VESAマウント用の穴あけ

設置したいディスプレイを確認したところ、100×100mmと75×75mmのタイプだったので、それに合わせて穴を開けます。

f:id:at_you_key:20190610215656j:plain
これは100×100mmのほう

短めのビスで留められるように、ダボ用ドリルと5mmのドリルを使って段穴を開けてみました。 (あとで図を用意します)

ヒンジの取り付けと仕上げ

ここまでくればあともう一息、ヒンジを取り付けて。

ついでに、足になる部分の接地面積を広げて安定感を出すために、ナイフとヤスリで角丸にしてみました。

完成と設置!

お好みに応じて蜜蝋なんか塗ってもいいですね。

あとはディスプレイを取り付ければ

夢の縦並び2画面生活の完成です!

f:id:at_you_key:20190611002309j:plain
プライバシーに配慮して色鉛筆タッチにしてあります

設置してみたところ、上のディスプレイのベゼル(枠)の広さが気になったので、下のディスプレイを元々のスタンドで少し手前に置いて、ベゼルをラップさせるかたちにしました。

かすかな敗北感を感じますが、ここは使いやすさが優先です。

気になる材料費は...

費目 数量 金額
ワンバイフォー6 2 456円
カット 2 160円
M4×25mm鍋ネジ 8 64円
ヒンジ 2個セット 168円

合計848円、無事1000円に収まりました!

まあ、手間を考えればおとなしくアームを買った方がいいと思います。あっちは高さ・角度調整もできるしね。

まとめ

じつは、このスタンドを作る前から、箱とか重ねて無理やり縦並びにしていたんですが、まぁ一度体験すると横並びに戻れなくなる程度には快適です。

ちなみにこれやるとオフィスでは結構目立つので、試してみる場合は同僚からの好奇の目にさらさる覚悟と、それにくじけない心が必要です。

ところで、縦並びマルチディスプレイに左右分離型キーボードを合わせれば、それはもう無敵です。

at-you-key.hatenablog.com

えー、現場からは以上です。