創作意欲とか物欲とか、そういう類のもの

いかにしてペン型マウスを改造するに至ったかという話

さて、最強のタイピング環境を手に入れたことにより「こりゃデスクワーク無双待った無しかな!?」と思ったのも束の間、次は当然マウスのことが気になってくるわけです。

そんなわけで、今出回っているエルゴノミックなマウスの中で、ひときわ異彩を放っていたペン型マウス「Pen mouse(Fairy)Series」を買ってみたので、今日はこちらを紹介しようと思います。

Amazonで約1,500円でした、まあ高くも安くもない値段です。

ワイヤレスペン型マウス Meita 2.4GHzのUSB光学ペンマウス 調整可能な800/1200/1600 DPI タブレットPC ios Android用 3色(grey)

Aliexpressなら300円台から買えますが、技適未取得で電波法に引っかかるので、仕事場が電波暗室な人以外はやめておきましょう。

あと、このマウスを改造して使うとこれまた電波法に引っかかるのでお気をつけください。

※この記事で語られるのは、ある遠く離れた国での出来事です。

「Pen mouse(Fairy)Series」概要

付属品

USBドングルとホルダーが付属しています。 ホルダーは付けたままでも使うことができます。

ドングルはごく普通のワイヤレスマウス用ドングルという感じです。

WindowsでもMacでも、刺すだけでちゃんと認識されました。

ほどよいサイズ

ポスカの中字と同じくらいのサイズで、電源は単4電池1本です。ほどよく持ちやすい大きさです。

シンプルなデザイン

全体的なデザインは、こういうイロモノ系ガジェットにありがちなダサい装飾が無く、機能美とは言わないまでもシンプルで良いです。

質感は、電池蓋とペン先の黒い所はシボの入った黒でまあまあ良い感じですが、グレーの部分とボタンはプラスティッキーでかなり安物感があります。

3ボタン+ホイール

右クリックとホイールを人差し指、左クリックを親指で押す設計です。ホイールの上にあるボタンはDPI変更ボタンで、押すたびに分解能が800/1200/1600dpiに切り替わります、僕は1600dpiが好みでした。

f:id:at_you_key:20190121224119j
Both handsとあるが、左ききだと1番のボタンを押すのは難しいと思う。

エルゴン、オミック

f:id:at_you_key:20190121082352j
エルゴン、オミック...?

使い心地について

ペン型ですが、操作感はペンタブレットとは全く違います。というかペン型でもマウスはマウスでした。

丸とか簡単な図形を描く程度ならふつうのマウスよりはやや描きやすいですが、絵を描くのには向いていません。

f:id:at_you_key:20190121224341p
ペン型マウスで書いた字

たぶん加速度とかボタンでのクリックとか、いくつかの要素が相まってマウスらしさを放っているんだと思います。

マウスとしては感度良くスイスイ動くので ”カーソル移動に限って言えば” なかなか使いやすいと思いいます。

※なんでカーソル移動に限るのかは後述します。

軽さは良い、じつはあんまりエルゴノミックじゃない?

この形と本体の軽さにはそこはかとない可能性を感じます。取り回しが身軽でとても使いやすいです。

本当にエルゴノミックか?といえば、ロール(左右の傾き)方向に傾けられないことと後述のボタンの使いづらさが相まって、普通にペン持ちをするとけっこう疲れます。

しかしながら、付属のホルダーにはめた状態で持ち方を工夫すればなかなか良い感じになります。

f:id:at_you_key:20190121224655j
もうホルダーを固定してしまっても良いかもしれない。

左右分離型キーボードとの相性が良い

僕は分離型キーボードの間にマウスを置いて使っているんですが、この配置のときにとても相性が良いです。

キーボードの間にマウスを置いたとき、ふつうのマウスだと手首が不自然に曲がりますが、ペンマウスだと良い感じの角度で操作できます。

f:id:at_you_key:20190122005310j
ふつうのマウスの場合

f:id:at_you_key:20190122005315j
ペン型マウスの場合

へえ、なかいいじゃん、今の環境にぴったりじゃん!

と思いきや、ここからが問題です。

ボタンの固さが致命的

これが最大にして致命的な欠点、ボタンがやたらと固く、恐ろしくクリックし辛いです。

特に右クリック(親指のボタン)は「ググッ、、カ、、チッ!」という感じで、かなり気合を入れて押さないとブレること必至です。

クリックしたつもりが1:4くらいの割合でドラッグになります、超ストレスフルです。

f:id:at_you_key:20190121224908j
こいつが犯人です

左クリック(人差し指のボタン)は普通のマウスと同様のカチカチ言うマイクロスイッチですが、これもペン持ちで押すには重くてブレます。

アマゾンのレビューでもけっこう書かれていましたが、ボタンだけでかなり損していると思います。

ペン型マウス改造への道

使いにくいなら、改造すればいいじゃない!

できの悪い子ほど可愛いといいますし、こっからが大人の対応力の見せどころ、方向性はこんな感じでいきましょう。

  • ボタンの押し心地を改善する

  • 赤いLEDが眩しくて気持ちがざわざわするので他の色に換装する

  • 塗装する(努力目標)

材料の手配待ちなので今日はここまで、続きの記事は来週末くらいになりそうです、お楽しみに〜。

書きました! at-you-key.hatenablog.com