創作意欲とか物欲とか、そういう類のもの

キーボード付きの3DプリントiPhoneケースを作った話

さて、ブログを始めたので長文を書く機会が増えました。ここの記事は主にiPhoneで書いていて、なんとなく物理キーボードがあると良いような気がしてきたので、iPhone SE用のキーボード付きケースを作ってみました。

f:id:at_you_key:20190417225915j:plain
まだ完成してないのでとりあえず試作機の写真

3Dプリントの筐体に小型のBluetoothキーボードを組み込んでいます。中身のキーボードはこちら。

AliExpress.com Product - CHUYI Wireless Bluetooth 3.0 Mini Keyboard Portable 49 Keys Ultra Slim Rechargeable Handheld Keyboard Keypad For iPhone PC Black

とてもコンパクトなカード型キーボードで、自作キーボーダー界隈にも人気の高いOrtholinear(格子配列)タイプです。

キーマップはかなりクセのある感じで、使いやすいとは言えませんが...まあ可愛いからよしとしましょう。

続きを読む

ペン型マウス改造への道 その5―マウスを改造していたはずが、自作していた話―

何を言っているかわからねーと思うが...(略

さて、前回の記事「ペン型マウス改造への道 その4」までは確かにペン型マウスを改造していましたが、いつのまにか元のマウスの要素が1箇所もなくなってしまいました。

そういうわけで、今回はそこに至った経緯を、簡単に書いていこうと思います。

バラして再構築しようというだけの話なので、自作と呼ぶには大げさかもしれませんが、ここでは自作マウスと言い放ってみます。

続きを読む

本棚に間接照明を取り付けていい感じに光らせた話―Arduino、Digisparkとウェーバー・フェヒナーの法則―

ところで、わが家には横幅が3メートルくらいの、すこし大きめの本棚があるんですが、これを作った時にどうしてだったか2cmくらい浮かせる設計にしていました。

f:id:at_you_key:20190322152422p:plain
浮遊感

僕はこういう隙間を見ると無性に光らせたくなってしまう人間なので、ここにLEDテープを貼って、間接照明にしてみようということになりました。

f:id:at_you_key:20190322152356p:plain
丁度良いスペースがあります

続きを読む

ダイソーの300円ワイヤレスマウスを分解して回路図と部品表を書いてみた話

最近流行り(?)の100均300円マウスを分解してみたので、メモを兼ねてその話を書いておきます。

続きを読む

ペン型マウス改造への道 その4

さて、寄り道しまくっていて間を空けてしまいましたが、この記事の続きです。

at-you-key.hatenablog.com

続きを読む

ネットワーク可視化ツール「Cytoscape」に雑に入門して手っ取り早く使う話

さてさて、とつぜんですが系統図とかネットワーク図を書く必要に迫られたことってありませんか?

僕はありました。

f:id:at_you_key:20190214210030p:plain
こんな図とか

f:id:at_you_key:20190216010701p:plain
こんな図のことです

今日はそんなときに無料(!)で使える超つよいツール「Cytoscape(サイトスケープ)」に雑に入門して、お絵描きソフト感覚で手っ取り早く使う方法を紹介しようと思います。

※この記事は、僕みたいに伝統的な日本企業で働く「Python?、R?なにそれ食べられるの?」「データベース?エクセルの表のことでしょ?」ってレベルの人向けに書いています。

続きを読む

ペン型マウス改造への道 その3―さあ、君に新しい身体を与えよう―

ペン型のマウスを買ったものの、使い心地が気に入らないので分解してスイッチを交換して、その結果そもそもデザインが悪いんじゃない?てなって、使いやすい形を求めて粘土で原型を作り、3DスキャンしてCADに取り込んだのが前回までのお話。

at-you-key.hatenablog.com

今回は3DCAD(Fusion360)を使って中に入る部品との組み合わせを設計していきます。

続きを読む