創作意欲とか物欲とか、そういう類のもの

エルゴノミックな自作キーボード「The DMOTE」をビルドする—前編—

こんにちは、今日は久しぶりに自作キーボードネタを一本。

さてさて、以前Dactyl Manuformというキーボードをビルドした話を書きましたが、今日のテーマはその進化系「The DMOTE」についての話です。

自作キーボード界隈というのは基本的にリミックス文化圏のようで、いろいろなキーボードを改良したりかけ合わせたりしながら、日々世界のどこかで新種のキーボードが生み出されています。

そして「The DMOTE」は、Dactyl Manuformの改良を目指して作られたキーボードで、その名前は「Dactyl-ManuForm: Opposable Thumb Edition(Dactyl Manuformの親指を反対側にした版?)」を略したもの。

正式な発音はわかりませんが、Google翻訳先生に発音してもらったところ「ザ・デイーモゥ」だそうです。

f:id:at_you_key:20190622203529j:plain
これがThe DMOTE

viktor.eikman.se

元になっているDactyl Manuformがすでにかなり特異な形ですが、それを超える超個性派キーボードで、エルゴノミックっぽさが更にアップしています。 特に、垂直に立ち上がった親指用クラスターの使い勝手は大いに気になるところ。

それに、中身はDactyl Manuformとほとんど同じなので、前にビルドしたときの知見も活かせるんじゃないでしょうか。

at-you-key.hatenablog.com

よし、これはもう作るしかない。

続きを読む

自作ネオンサインの作りかた—ELワイヤーでネオン風サインを作ろう—

光り物のなかでもひときわ独特の魅力があるネオンサイン、最近はおしゃれなカフェなんかでもよく見かけますね。

今回は、Aliexpressで見つけた安いELワイヤーを使って、ネオン風のサインを作ってみたので、その作り方を紹介しようと思います。

f:id:at_you_key:20190618005354j:plain
こんなのができるよ

続きを読む

デュアルディスプレイは縦並びがおすすめという話―やっつけVESAマウントスタンドをつくろう―

ところで、パソコンをマルチディスプレイにする時って、2画面の場合大抵横並びに置きますよね、こんなふうに。

しかし、このレイアウトって、首の動きが左右どちらかに偏りがちで、デスクワークで長時間過ごすと、首・肩こりの原因のひとつになっている気がしませんか?

今回は、画面を縦並びにすることで首・肩の負担軽減を目指し、あわよくば仕事の効率もブチ上がったらいいな!という話です。

続きを読む

DIYで使う木材を無駄なく買いたい話—ビンパッキング問題で材料カットの組合せを最適化—

さて、「段取り八分、仕事二分」という言葉がありますが、とくに時間的に限られたリソースをうまく回さなければならない週末DIYerとしては、つねに「段取り十分、仕事外注」くらいの勢いでやっていきたいところです。 (外注したらDIYじゃないとか、細かいことは気にせず)

f:id:at_you_key:20190527235930j:plain
図はイメージです

そんなわけで今日は、DIYで木材(SPF材とか)を使うときに、材料をムダなく買ってムダなく使うための上級呪文を紹介したいと思います。

「大きい棚を作りたいけど、部材が多くて材料のカットの割り付けがめんどくさい! 材料買うのは最小限にしたいし、概算金額もバババッと出したい!」 そんな時、この記事がその助けになるでしょう。

続きを読む

格安BTLアンプで疑似サラウンドを楽しむ話―LP-2024A+で3chスピーカーマトリクス―

この記事には、オーディオ機器をリスクにさらす内容が含まれています。 書かれていることを試す場合は、うっかり大切な機材を壊してしまわないように、じゅうぶん気をつけてください。

さて、僕の家では値段の割によく鳴る中華アンプに、スピーカーを3個つないで疑似3chサラウンド環境を作っています。

f:id:at_you_key:20190517201345j:plain
音響&映像の構成図、右下の丸いのがスピーカー

これが、お手軽なわりになかなか臨場感があって、映画観るときなんかとても良い感じなんですが、メンテナンスの時に毎回繋ぎ方を忘れて迷うので、ここでメモを兼ねて紹介しようと思います。

続きを読む

写ルンです用のレザーカバーを作った話 〜型紙もあるよ〜

今日はちょっとだけレザークラフトの話題を。

写ルンですってあるじゃないですか、富士フイルムの。そのレザーカバーを作ってみました。

なかなかいい感じにできたので、型紙をシェアしますね。※作っている途中の写真は撮り損ねたので、想像力で補完しながら読んでください。

続きを読む

ネットワーク可視化ツール「Cytoscape」を自動操作して楽する話—PowerShellでCyREST-APIを叩く—

すこし前に"ネットワーク可視化ツール「Cytoscape」に雑に入門して手っ取り早く使う話"と題して、オープンソースの可視化ツールCytoscapeに、Excelデータを読み込ませる簡単なやり方について書きましたが、なかなか手数が多いので、繰り返しやる時にはかなり面倒です。

そんな時、面倒な読み込みの手順を自動化して、ワンクリックでさくっとグラフ化できたら最高だと思いませんか?

できるんです。そう、「CyREST-API」ならね。

続きを読む